仏教婦人会連盟総会 @徳養寺

4月25日(水)に「2018(平成30)年度の東筑組仏教婦人会連盟の物故者追悼法要および第63回総会」が徳養寺において開催されました。前日IMG_0218★は大荒れの天気で、お足元が心配されましたが、徐々に天候も回復し、肌寒さは残ったものの、開催時間には時折霧雨が降る程度で済み、一同一安心でした。

150人を超える方々が来寺されるということで、数日前から総出で寺院内外の掃除や部屋のしつらえ等の準備に追われておりましたので、滞りなく無事に終了したことで、とてもホッとしたと同時に、どっと疲れが出たのが正直なところです。(^^;)

**********

物故者追悼法要とは、これまでの婦人会でご活躍された故人の方々を偲ぶための法要です。全員で勤行し、記念法話では熊本教区の吉村隆真先生をお招きし、ご法話を頂戴いたしました。

2016年の熊本地震を経験された先生ならではの実感溢れるお話に満員の聴衆も聞き入っていました。

「みなさん、笑っていますか?IMG_0230★

笑うのは体力が要るんです。辛い時にこそ、笑いやユーモアの大切さがわかる。それらは人を元気にする、心を和ませる力があるんですよ。」

柔軟心にゅうなんしん」という仏教語を紹介され、「柔らかな心は生きる上でとても重要。強さ以上に柔らかさを持っている方は魅力的ですね。私もこういう年の取り方をしたいなあと思います。」・・・楽しく、身も心も柔らかく人生を送りましょうと指南してくださいました。私もぜひそうありたいです。(^^♪

その後は、仏教婦人会連盟総会となりました。前年度の活動・会計報告がなされ、今年度の活動計画・予算案が紹介されました。今年度より徳養寺婦人会所属のOさんが新たに会長に任命されました。とても誠実でしっかりされたお人柄のOさん。長らく当寺の婦人会会長もしていただいていました。3年間という長い任期ですので、お忙しい中、お身体崩すことのないようくれぐれもご自愛くださいませ。大役を引き受けてくださり、誠にありがとうございます。

180425_新執行部挨拶(圧縮)

最後に皆で「恩徳讃」を唱えて終了いたしました。IMG_0224★

最後になりましたが、朝からお手伝いをしてくださった徳養寺婦人会の方々にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

広告