徳養寺報恩講法要のご案内(’18/11/21〜)

nigaoe_shinran先日、「親鸞聖人の恩に報いる」という記事内でもご案内いたしましたが、11/21より徳養寺でも報恩講の法要を開催いたします。「報恩講」は、親鸞聖人が生涯をかけて明らかにされた浄土真宗の教えを聞いてお念仏申させていただき、親鸞聖人のいようとする法要()であり、浄土真宗では一年間でもっとも大切な行事とされてきました

徳養寺の2018年「報恩講」法要は、紫藤常昭先生(福岡県徳常寺)をお招きして、下記の日程で勤修いたします。

11/21(水)昼席(13:20 ~11:40)

11/22(木)朝席(10:00 ~11:40) および 昼席(13:20 ~15:10)

11/23(金・祝)朝席(10:00 ~11:40)および 昼席(13:20 ~15:10)

1711_報恩講法話 (1)
2017年の報恩講法要

各席、お経のおつとめ(25分程度)の後、30分ほどのお話が2回ございます。

2日目(11/22)に関しましては、午前・午後と続けて参詣される方を対象に、おにぎりの簡単なお弁当をお配りしております。ご希望の際は、午前中に受付の席でチケットをお受け取り下さい。(すみません。先日お送りした「徳養寺だより」にあやまって「初日と2日目」と書いてしまったのですが、初日は午後の部だけなので、当然「2日目」のみです。orz)

最終日(11/23)のお昼には、婦人会のみなさまが作られた精進料理をみんなでいただきます。受付の席で「お斎券」をお受け取り下さい。(※)

IMG_7923★

また、各日午後の部(昼席)終了後には、徳養寺オリジナル煎餅をお配りするほか、最終日の午後の部終了後には、年間6日以上法要に参詣された方に抽選で記念品が当たる「お寺de スタンプラリー」の抽選会もございます。

そして、以前の記事「親鸞聖人の恩に報いる」でご紹介した「平成30年度 東筑組報恩講参拝ガイド」用に、徳養寺の「おしるし」も用意しております。徳養寺の「おしるし」がどんなものかは・・・、参拝してのお楽しみということで。

「平成30年度 東筑組報恩講参拝ガイド」(数量限定)と「おしるし」を希望される方は、受付の席でお申し付けください。

徳養寺のご門徒の方はもちろん、東筑組の他のお寺のご門徒の方やご門徒ではない方も含め、皆さまのお越しをお待ちしております!

(※)先の記事でもお知らせした通り、東筑組の他のお寺のご門徒の方が徳養寺に参詣される際、受付の席でご法礼などを出していただく必要はありません。また、精進料理をいただくお斎の席は、準備の都合上、徳養寺のご門徒の方のみを対象としております。ご容赦ください。

広告