おしらせ:お彼岸のおはぎとぼたもち

red-spider-lily[1]令和元年秋の彼岸法要は、9月19日~21日に福岡県糸島市・海徳寺前住職の松月博宣師を講師に執り行われました。

IMG_4487

「貪欲」「愚痴」「怒り」・・・といった人間の本性である「十悪」についてお話をされ、日々の忙しさからついつい愚痴が多くなっている我々には耳の痛い、また、身近な様々なことに想いを馳せる時間となりました。

トリミングIMG_5370

せっかくの法要でしたが、数日前から繰り返し言われた台風情報で参詣者が少なめだったのが残念です。お墓参りに来られる方も日程を前倒しされたり、あるいは彼岸過ぎに来られたりと分散されていたので、例年より長いお彼岸の気分でした。

ohagi_botamochi[2]

さて、お彼岸といえば、徳養寺ではいつも春は「ぼたもち」、秋は「おはぎ」と最終日にお配りしています。

今回も婦人会の皆様にお手伝いいただき、つぶあんときな粉の2種類を作りました。お手伝いいただいた皆様、ありがとうございました。

かねてよりお伝えしている庫裡の建て替え工事がいよいよ来年より始まります。100年に1度くらいのかなり大規模な工事となり、門徒会館、厨房、納骨堂、寺務所など現在の庫裡全体が解体され、土地の造成も行われます。そのため、恒例の「ぼたもち・おはぎ作り」そして報恩講の「お斎作り」をしばらくお休みさせていただくこととなりました。

ojigi_animal_neko[1]

また、再開できる日を支えに、がんばっていきたいと思います。それまで皆様もお元気でお過ごしください。もちろん、各法座や講座はこれまでどおり開催しますので、ご参詣お待ちしております。

合掌。