春の彼岸法座を終えて

3月24-25日にご講師に森田義見先生をお招きし、春の彼岸法要が執り行われました。つい先日まで寒い日が続いておりましたが、ここ数日の一気に春めいた日差しに、各地から桜の便りが届いています。続きを読む »

広告

「御絵伝」をみる ~常例法座のご報告~

ご報告が遅くなりましたが、2017年12月1日に年内最後の婦人会の常例法座がありました。line_winter_snowman[1]

じつは11月の報恩講法要では、体調を崩されたり、様々なご事情でお寺に来られなかった婦人会の会員の方が例年よりも多くいらっしゃいました。bird_inko_kubi[1]ご本人だけでなく、ご家族が不調であったりすると外出もままならなかったりして、皆さん多忙な日々を過ごされているのです。そのため、いつもお会いする方々のお顔を拝見できず、寂しく思っていたのですが、年内最後の常例だからということで、わざわざ調整して来てくださった方が何人もおられ、とても嬉しく思いました。続きを読む »

街頭募金活動のご報告(2017年)

2017年10月31日、汗ばむほどの秋晴れの中、黒崎駅前ペデストリアンデッキにおいて、東筑組の仏教婦人会連盟が毎年恒例の街頭募金活動を行いました。IMG_7499

徳養寺からは、坊守、若坊守、並びに婦人会の5名の方々が参加いたしました。黒崎駅前以外の場所でも同じように募金活動を行なったのですが、この日、東筑組の33カ寺から総勢220名程が交代で街頭に立ちました。写真は、揃いの黄色いジャンパーを着て大声を張り上げ、通行される方々に募金を呼び掛けているところです。
続きを読む »

報恩講も終わり・・・餅のゆくえ

一年の法要のうちで一番大事とされている「報恩講」が先日無事に終わりました。

今秋はとくに、日頃の実務の他、立て続けに行事をこなしてきた感が強く、報恩講が過ぎた途端に、張り詰めた心が和らぐと同時に、どっと疲れが出たようで、家族中が体調を崩したりして終了後の1週間はブログに手を付ける余裕もありませんでした。。。(>_<)

遅くなりましたが、簡単に今年の報恩講を振り返りたいと思います。

続きを読む »

明日から報恩講法要はじまります! ~餅づくりのいろは~(2017年)

みなさん、こんばんは。10~11月にかけて行事が目白押しで、ばたばたの毎日を過ごしてきましたが、明日からいよいよ報恩講の法要が始まります!!IMG_7782★

2週間程前から、法要に向けて総出の準備をしてきましたが、今日は住職、若院、法務員の方々で本堂内陣の荘厳(飾り付け)を仕上げ、坊守、若坊守は各所の花活けなどを朝からしておりました。

先日の『徳養寺だより』にも記載したように、報恩講では普段の法要といくつか異なる点があります。今回は、その中の一つの「飾り餅」を紹介します。荘厳の際に婦人会お手製の「飾り餅」を使うのは、徳養寺では報恩講の時だけです。その作り方は各寺によって千差万別で、使う道具もオリジナルです。周りのお寺がどのように「飾り餅」を作っているのかは、じつは坊守たちの一大関心事でして、初秋になるとしばしば話題に上るのです。続きを読む »