江戸の徳養寺   〜OK バブリー!番外編〜

皆様、こんにちは。わが徳養寺の前身である江戸の徳養寺について、だいぶ前にご紹介いたしました(歴史編フィールドワーク編)が、その後の追加情報をなかなか集められないまま年が明けてしまいました。jidaigeki_okappiki[1]関係資料が手元にないため、兎にも角にも東京に行かねばならないのですが、日々の仕事と子育てに追われ、最近は年に1回の帰省(若坊守の実家が東京なので)がやっとのことで・・・と、言い訳はこのくらいにしまして。eto_saru_fukubukuro[1]

じつは、江戸の徳養寺に関連する思わぬネタを入手したので、今日はひとつ番外編としてつらつらとご紹介させていただきたいと思います。。。続きを読む »

広告

寺と教会と私 ~ 鐘の歴史をたどって

先日の記事除夜会じょやえ(除夜の鐘)のご案内をいたしましたが、もうあと二日で今年も終わります。そこで今回はお寺の鐘(梵鐘ぼんしょう)にまつわる豆知識をちょっとご紹介。

徳養寺では通常、朝の6時と夕方の18時に鐘をついています。(法要の際はお昼の12時にもつくんです。)このような“時を知らせる”というお寺の鐘の役割は、ご存知のようにキリスト教の教会の鐘も同様です。ヨーロッパを旅したりしますと、町に響き渡る鐘の音が異国情緒を一層醸し出してくれるような気がします。

joyanokane

続きを読む »

本堂が焼け落ちた日 〜 8月8日 八幡大空襲

今から72年前の1945(昭和20)年8月8日、徳養寺のある八幡は激しい空襲を受けました。

当時の八幡製鉄所(現在の新日鉄住金)は日本の鉄鋼業の最重要施設であり、米軍の攻撃目標となっていました。八幡は、1944(昭和19)年6月16日と8月29日につづき、この日、三度目の空襲に遭いました。この空襲は凄まじく、2,500人もの方々がこの空襲で亡くなったといわれています。続きを読む »