年末年始のご案内 ~ 除夜の鐘は16時から!

いつの間にか、今年2019年もあと一週間ちょっと・・・。ということで、12月31日と1月1日に行われる行事のご案内です。

(1)除夜会じょやえ(除夜の鐘)

12月31日16時00分より、本堂でお経のおつとめをした後、16時15分くらいから本堂前の鐘楼しょうろうで除夜の鐘を打ちます。

続きを読む »

「徳養寺だより」第39号を発行しました

お知らせが遅れましたが、寺報「徳養寺だより」第39号を11月上旬に発行し、ご門徒の皆様方にお送りいたしました!

重要なお知らせも載っておりますので、必ずご一読ください。

この「徳養寺だより」はご門徒のご家庭の代表者の方のみにお送りさせていただいておりますが、部数限定ながら、徳養寺本堂でも配布しております。どなたでもお持ち帰りいただけます。

なお、住所の変更などのために届いていない場合もあるかと思います。

その場合、お手数ですが、お寺までお問い合わせください。よろしくお願いいたします。(※)

【「徳養寺だより」第39号 目次】
(リンクは、ブログ上の関連記事のものです。掲載されている記事の内容と大きく異なるものもあります。)

p.1

「納骨堂・墓地管理費の改定のお知らせ」

「工事の進捗状況とお願い」

p.2

続きを読む »

パネル展「八幡の歴史と近代建築」(~2018/10/29)

先日、福岡ひびき信用金庫本店にある「ひびしんギャラリー」に徳養寺本堂の写真が出ていたとの情報をいただきました。

調べてみると、どうやら、「八幡の歴史と近代建築」というパネル展が開催中。西日本工業大学のゼミの成果発表の場のようです。(ギャラリーチラシ

1810_チラシ(圧縮)

会場の「ひびしんギャラリー」がある福岡ひびき信用金庫本店は、ここ北九州にゆかりの深い建築家・村野藤吾氏の設計によるもの。村野藤吾氏はいろいろな賞などを受賞されている大変有名な方で、建築物に興味がない方でも、続きを読む »

寺と教会と私 ~ 鐘の歴史をたどって

先日の記事除夜会じょやえ(除夜の鐘)のご案内をいたしましたが、もうあと二日で今年も終わります。そこで今回はお寺の鐘(梵鐘ぼんしょう)にまつわる豆知識をちょっとご紹介。

徳養寺では通常、朝の6時と夕方の18時に鐘をついています。(法要の際はお昼の12時にもつくんです。)このような“時を知らせる”というお寺の鐘の役割は、ご存知のようにキリスト教の教会の鐘も同様です。ヨーロッパを旅したりしますと、町に響き渡る鐘の音が異国情緒を一層醸し出してくれるような気がします。

joyanokane

続きを読む »