「拝んでくださる仏さま」(2月10日「親鸞のつどい」のご案内)(2019年)

徳養寺では、日中にお寺でお説教を聞くことが難しい方々のために、近隣の寺院の方々と共同で、毎月10日の夜に「親鸞のつどい」という法話会を開催しております。どなた様でもご参加いただけます。

180510_親鸞のつどい(宗)(圧縮)

続きを読む »

広告

君は地獄から脱出できるか? ~ 東筑組こども報恩講のご報告(’18/12/26)

子ども報恩講2

みなさま、こんにちは。

 

昨年のイベントの報告になりますが、2018年12月26日、この徳養寺で第32回東筑組とうちくそこども報恩講が開催されました!

今年は、テレビや新聞でも話題となっている謎解きゲーム制作グループ「TOY×ボーズ」(トイカケボーズ)をお招きし、小中学生を対象とした謎解きゲーム「じごくからの脱出」を開催いたしました。

img_2289
お花はいい材料が入手できなかったものの、「こども報恩講」を意識してかわいらしい色調で、また、ピンクと白と緑の餅?がついた枝ものをあしらいました。(^^ゞ

このゲームは、仏教的な説話として有名な芥川龍之介の「蜘蛛の糸」のお話を題材にとったもの。参加者は、「蜘蛛の糸」の主人公カンダタとともに地獄におちた泥棒仲間の一人となって、他の参加者たちとグループで謎解きをしながら、地獄から抜け出す道を探ります。

開催当日、インフルエンザで急遽欠席となったお子さんもいらっしゃいましたが、29名のお子さんに参加していただけました。

181226_組長法話(圧縮)
東筑組組長のご挨拶。地獄について簡単なお話をいただきました。

続きを読む »

報恩講法要(2018/11)のご報告

大変ご報告が遅くなってしまいましたが、2018年の報恩講法要のご報告です。

このたびは紫藤常昭先生(福岡県徳常寺)をお招きして、11月21日から3日間に渡ってお話をいただきました。

181120_報恩講荘厳(圧縮)

ご案内の記事でも書いた通り、浄土真宗のお寺では、この報恩講が一年間で最も重要な法要と位置付けられています。そして、私と妻が住職と坊守になって初の報恩講法要ということもあり、身が引き締まる思いでした。住職となった私は荘厳の陣頭指揮を執り、お飾りのお餅に色を塗り、坊守の妻も内陣の花(四ヵ所)一人で全ていけたりと、お互い初めてのことも多かったのですが、ご門徒の皆さまのご助力を得て、無事に初日を迎えることが出来ました。

続きを読む »

元旦は阿弥陀さまの前でアミダくじ! ~ 2019/20 除夜会・修正会のご案内

みなさん、こんにちは。

181227_こども用(圧縮)
子ども報恩講のお花は、ピンク・白・みどりのあられ?がついた可愛らしい枝物を使いました

異教徒の方々のお祭りも過ぎまして、いよいよ年の瀬が迫ってまいりました。

今年は年末に子ども報恩講が当寺で行われたこともあり、まだバタバタしている徳養寺でございます。(今年は東筑組の行事の会場となることが多く、多くの方にご来寺いただきましたので、本堂の花からトイレ周りまで普段以上に気を遣います・・・。((+_+)))

 

さて、平成最後となる除夜の鐘と元旦の初詣のご案内です。

 

(1)除夜会じょやえ(除夜の鐘)

12月31日23時30分より、本堂でお経のおつとめをした後、23時45分くらいから本堂前の鐘楼しょうろうで除夜の鐘を打ちます。もちろん、皆様にも打っていただきます。(一応、お断りしておきますと、徳養寺の鐘を打っても、煩悩は消えません。これ位で煩悩の一つでも追い払えるなら安いものですが・・・。)

181227_除夜の鐘

続きを読む »