2018年も「お寺 de スタンプラリー」!

仏さまの教えに耳を傾ける「聴聞ちょうもん」は、浄土真宗において最も重視されている宗教活動であり、浄土真宗のお寺はもともと、この「聴聞」のために作られた念仏道場であったともいわれています。stamp_rally

ということで、徳養寺では、一人でも多くの方に法座(仏教に関する講話会)を聴聞していただきたいと思い、法座に参詣するとスタンプが集まる、スタンプラリーを実施しています。

続きを読む »

広告

『浄土真宗・唯 yui』 春号(VOL. 30)

徳養寺では、浄土真宗の教えなどに親しんでいただくために、ご門徒の皆様に広報誌を配布しております。ここでは、東京の浄土真宗寺院の有志が春・秋の年2回発行しているフリーペーパー『浄土真宗・唯 yui』 春号(VOL. 30)の内容を紹介します。

是非、手に取ってご覧ください。

yui vol. 30(圧縮)

目次続きを読む »

「坊守」ってどんな人? ~ 『広辞苑』の訂正問題

以前の記事でも紹介した通り、浄土真宗では、住職の配偶者を「坊守(ぼうもり)」と呼びます。building_tera「坊守」の「坊」はもともと、僧侶が住む部屋(房)が集まる区画のことを指し、「寺院」の意味でも用いられます。「坊守」とは、その坊(寺院)の留守・守護にあたる者ということです。(ちなみに、「坊主」は、その坊(寺院)の主ということですが、現代では差別語とされることもあるので、注意が必要です・・・。)

1802_広辞苑さて、先日、この「坊守」という言葉の定義が記事となり、ちょっと話題になりましたのでご紹介いたします。続きを読む »

Teracos テラコスやります!「花まつり~お寺でコスプレ~」

皆様、こんにちは。(^^♪ 今年の春はまさに三寒四温でなかなか冬物が手放せませんね。梅の花も3週間くらい遅れているとか。体調を崩さないように、気を付けないといけない時期です。さて、うららかな春の日差しが待ち遠しいところですが、本日は春に向けたイベントのご紹介です。IMG_9351

東筑組の仏教青少年部門では「花まつり」のイベントとして、今年はなんと“お寺でコスプレ”、すなわち「Teracos テラコス」を開催いたします!! (^^)/続きを読む »